会員制ラウンジとは?初心者の方へ向けて会員制ラウンジを詳しく徹底解説

会員制ラウンジについて詳しく解説

会員制ラウンジとは?

夜のお仕事に興味があったり、これから夜のお仕事を始めてみようと思っている方の中には、会員制ラウンジについてまだ詳しく知らなかったり、名前は知っているけど実際にどのようなシステムになっているかだったり、キャバクラとの違いがはっきり分からないような方もいるかと思います。

この記事ではそのような方へ向けて、会員制ラウンジとはどのようなものなのか、を詳しく解説していきます。

会員制ラウンジとはハイステータスな会員制の男女が出会う場所

会員制ラウンジとは、一言で結論を言ってしまえば「ハイステータスな会員制の男女が出会う場所」です。

キャバクラのようなお酒が飲めるお店に、会員の女性が在籍をし、来店される会員の男性をお酒を飲みながら接客をしていきます。

男性は会員になる為に名刺や身分証の提出が必須であったり、身なりや雰囲気でもしっかりとした社会的地位などがあるかどうかの審査などがあり、それ次第では入店を断られるケースもあります。

その為、在籍する女性も採用基準などは非常にシビアとなっており、容姿や雰囲気、服装などの基準をクリアした方のみが面接を潜り抜ける事ができ、その採用基準の高さはかなりのハードルとなっています。

在籍する女性は、モデルや芸能活動をしている方、アナウンサーを目指している方、アイドル、タレントの卵と、それ相応のお店にふさわしい女性のみが採用されていて、一般的に「可愛い」と言われるような方でも面接に受からず、何店舗も不採用になるという事は日常茶飯事です。

このように第一認識としては、採用基準は非常に高いと頭に入れておく事が必要です。

会員制ラウンジの面接に受かりやすくなる為にできる事をこちらの「会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ」の記事で解説していますので参考にしてみてください。

キャバクラと会員制ラウンジの違いは?

キャバクラと会員制ラウンジの違いは「緩さ」に有り

では、キャバクラと会員制ラウンジはどう違うのかという点ですが、これも一言で言ってしまうと「緩さ」に有り、です。

ではまずキャバクラで働く上での一般的な、特徴について見ていきましょう。

《キャバクラの特徴》
・ドレスを着ての勤務
・ドリンクを作ったり煙草に火を着けたりするなどの接客をする
・基本はレギュラー出勤で週3〜のシフト
・売上のノルマがあったり、遅刻や当日欠勤の罰金がある
・お酒を沢山飲んでドリンクのバックを稼ぐ

キャバクラは一般的にはこのような特徴かと思います。

次に会員制ラウンジで働く上での特徴について見ていきましょう。

《会員制ラウンジの特徴》
・私服で働く事が出来る
・接客はお酒を飲んでお客さんと楽しく話すだけ
・シフトは週1〜でもOK
・売上のノルマも遅刻、当日欠勤のノルマも無し

会員制ラウンジの特徴はこのような点になっています。

比較をしてみても一目で会員制ラウンジの「緩さ」が分かるかと思います。

ではなぜ会員制ラウンジはこのように緩く働く事が可能なのでしょうか?

会員制ラウンジはなぜ緩く働けるのか?

先程書いた特徴を見ても会員制ラウンジの緩さについては理解して頂けたかと思います。

しかし、なぜラウンジはこれほどまでに緩く働く事が出来るのでしょうか?

その理由を紐解いていきます。

基本的に会員制ラウンジはキャバクラのきつさやキャバクラで働く上でのデメリットを排除したようなコンセプトになっています。キャバクラというと、基本的には、ノルマがあって沢山お酒を飲まなければいけなくて、露出度の高いドレスも着なくてはいけない、というようなマイナスな面が見受けられがちです。

なのでそのマイナスな面を排除して出来上がったのが会員制ラウンジなのです。

「でもノルマもなかったら女の子がお客さんを呼ばなかったらお店自体の売上が成り立たないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、ラウンジはその集客の部分をお店のスタッフ、いわゆる黒服の方達などのお店の人間が集客をしてきます。
その為、基本的には女の子はお客さんを呼ばなくても大丈夫、というようなスタンスが取られています。

その為、会員制ラウンジは、これだけ緩く働く事が可能になっているのです。

しかし最近ではラウンジのお店も増え、競争が激しくなってきたりとお店のお客さんだけでは厳しい所もある為、女性がお客さんを呼ぶ事も大事です。お客さんを呼べる女性は重宝されますので、呼べないよりかは呼べる方がお店としても有難いですし、お給料面なども優遇して貰えるようになります。

会員制ラウンジはどこにあるの?

会員制ラウンジの店舗があるエリア

では会員制ラウンジはどこにあるの?という疑問ですが、基本的には「港区」を中心にハイステータスな男女が出会う場として相応しいエリアに会員制ラウンジは存在します。

会員制ラウンジがあるエリアは以下になります。

・六本木
・西麻布
・恵比寿
・銀座
・赤坂
・青山

どこも高級感溢れるイメージの街ですね。

会員制ラウンジで働きたいとなった場合は、この中のいずれかのエリアで働く事になります。

最近では他のエリアなどでも「ラウンジ」という業態のお店が流行ってきていますが、そのような店舗は会員制ではないような所がほとんどです。
近くに住んでいる方は問題ないかと思いますが、遠くに住んでいる方は通うのが大変だったりもしますが、遅くまで働き、終電以降まで残った場合などでもお店での送迎があるので安心して働く事ができます。

会員制ラウンジのお給料相場

時給の相場は平均4,000円〜6,000円

会員制ラウンジで働くと実際にどれくらいのお給料がもらえるのか気になる方も多いかと思います。

会員制ラウンジは基本的には時給+バックのシステムでお給料をもらう事が可能です。
時給以外にも頑張れば頑張った分だけお給料が上がるのは嬉しいシステムですね。

時給に関しては、平均額を言うと約4,000円〜6,000円が多いように見受けられます。

勿論未経験者の方だと4,000円を下回り、3,000円ほどの場合もありますし、モデルのような綺麗な女性は10,000円以上で働いているケースもあるのでピンキリで個人差はありますが大体の幅としては4,000円〜6,000円が一般的な金額です。

時給以外にも高額な各種インセンティブが有り

会員制ラウンジでは、キャバクラのように時給以外でもバックが発生します。

どのような時にバックが発生するかというと、指名を貰った時、お客さんと同伴をしてお客さんをお店に連れてきた時、指名してくれたお客さんがお店でお金を使った時などにバックが発生します。

正式な名称で言うと、「本指名バック」「場内指名バック」「同伴バック」「小計バック」になります。

お店によって金額は変わるのですが、大体の相場としては、

本指名バック:3,000円〜5,000円
場内指名バック:1,000円〜3,000円
同伴バック:3,000円〜5,000円
小計バック:10%〜15%

これくらいの金額になっている事が多いです。

お客さんからのチップやタクシー代も

時給やバック以外にも、お客さんからチップが貰えたり、アフターにいった場合はタクシー代として、お金が貰えたりする事があります。

チップやタクシー代なども決して馬鹿にはできなく、それだけでかなり稼ぐ女性がいるのも現実です。

お客さんに気に入られて、上手くチップを貰えるようにしましょう。

会員制ラウンジで働くには?

会員制ラウンジで働く方法

ここまで記事を見て頂いた方でラウンジで働きたいと言う方もいるのではないでしょうか?

ここからは実際に会員制ラウンジで働く方法を解説していきます。

方法としては主に2種類があります。

スカウトをされる

一つ目の方法としては街中や出会いの場、知り合いを通して会員制ラウンジのお店にスカウトされる方法です。

しかしスカウトされると言うのは狙って出来るものでも無いので再現性ああまり無いでしょう。

 

求人に応募をする

二つ目の方法としては、求人情報に応募をする事です。

このThe Night Agencyも求人サイトとなっています。会員制ラウンジの面接や体験入店、入店までをしっかりとサポートしていて女性のご希望や条件をしっかりとヒアリングをした上でその方にあった適性のお店をご案内しています。

またご希望の店舗があればその店舗にご案内する事も可能です。

「女性がどうしたいのか、希望に沿った形でサポートをする事」を心掛けており、勿論何も分からないような方へはこちらから色々な提案をさせて頂き、しっかりと満足して貰えるような対応をさせて頂いております。

 

The Night Agencyでは働く店舗を探している女性へ、希望条件に合う店舗、本人にマッチングする店舗をピックアップしてご紹介しています。

責任を持って担当スタッフが対応させて頂きますので、是非下記LINE@からご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. ガールズバーのお給料や時給について徹底解説 どれくらい稼げる…

  2. 各エリア毎のそれぞれの特徴を解説 六本木や銀座、恵比寿、西麻…

  3. ガールズバーでバイトをしてみよう ナイトワーク未経験者にお勧…

  4. 会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ

  5. 給率とは?キャバクラのお給料計算を分かりやすく解説

  6. キャバクラとラウンジはどっちが稼げるの?自分に合う働き方をし…

ブログ一覧