給率とは?キャバクラのお給料計算を分かりやすく解説

キャバクラのお給料システムの一つ「給率」とは?

幾つかあるお給料システムの内の1つ

これからキャバクラで働いて稼ぎたい、お金が無くてキャバクラで働きたい、というような方も多いのではないでしょうか?

でも肝心のお給料はどうやって決まるの?成績が上がったらお給料はどれくらい上がるの?などお給料に関する疑問や分からない事はたくさんあると思います。
また、面接や体験入店には行って、お店の人からお給料システムは聞いたけど結局よく分からなかったり、説明が難しい時とかもありますよね。

「給率」とは、キャバクラで働く際のお給料を決める際にお店が見るポイントの一つです。
主に時給の変動システムとして良くあるのは、「給率制」「ポイント制」「売上制」の3つになります。

今回はこのよく聞くけどよく分からない「給率」について説明していきます。

「給率」とは自分のお給料と自分の売上の割合の比率

自分のお給料に対してどれだけの売上を作れているか

「給率」を一言で説明してしまえば、「自分のお給料に対してどれだけの売上を作れているか」です。

お店は勿論キャストの女性の管理や対応をしてキャストさんには優しく接しますが、お店をやっている以上商売です。
お店に利益が出るように売上や利益率などを管理して計算しなくてはいけません。

女性にもたくさんお給料は渡したいですが、その女性が上げてくれている売上をもとに計算をしなくてはいけません。

その売上とお給料の比率を計算したものが給率になるのです。

給率はで表し、100%を基準に90%,80%と低くなるにつれて良い成績と見る事ができ、110%,120%と上がるにつれて悪い成績となっていくようになっています。

一般的には給率70%〜80%を下回れば優良キャスト、50%も下回れば超優良キャストと言われており、100%を超えてしまうと赤字になるのであまりお店にとって良いキャストとは言えないでしょう。

給率の具体例

・Aさん:月給50万/月売上50万

例えば、AさんというキャストがいてAさんは月に50万円のお給料を貰っているとします。
そして売上も50万円上げているとします。

この場合売上とお給料が±0になる事が分かります。

この時お店側としては、Aさんがお店で働いてくれている事に対しての利益は数字上は「0」になります。赤字でも黒字でもない状態ですね。

これが基準値の100%になります。

・Bさん:月給50万/月売上100万

今度はBさんを見てみましょう。

Bさんはお給料はAさんと同じ50万円ですが、それに対して売上を100万円上げています。
この場合売上の方が50万多くなっている為、単純計算するとお店への利益も50万円ある事になります。

この時給率は、お給料50万円÷売上100万円×100=50%です。

そうすると、お店はBさんを雇った事で50万円の黒字になり、Bさんはお店に貢献した事になりますね。このように売上の方が多ければ多いほどお店からの評価は高くまりお店にとって大事なキャストさんになっていきます。

・Cさん:月給100万/月売上50万

次はCさんを見ていきましょう。

Cさんはお給料を100万円貰っているのに、売上を50万円しか作れていません。
そうするとCさんに対してお店は50万円の赤字を出してしまっている事になりますね。

この場合の給率はお給料100万円÷売上50万円×100=150%です。

100%を上回ってしまっている為、赤字になる事が分かります。

給率が良くなるとお給料が上がる

給率が良くなると時給がスライドしてお給料をあげる事ができる

ここまで説明した通り、給率とは自分が貰っているお給料と売上の比率である事は分かったと思います。

そしてお給料はこの給率が良くなると上がっていくお店が多いです。ポイント制を取り入れている店舗に関しては給率ではなく指名数などのポイントがお給料に影響するので給率はあまり関係ありませんが、多くの店舗では給率制をとっている事が多いです。

先程の具体例のAさんとBさんはBさんの方が売上を倍も作っているのにAさんと同じお給料だと理不尽なお給料体系になってしまいますね。
その為、売上が上がり給率が良くなると時給が上がるようになってお給料も高くなります。

また時給が上がるだけで無く、お店によっては給率によりバックをプラスで出したり、逆にマイナスにしたりする為、給率をよくする事がいかに重要かが分かります。

給率を良くしてお店にとって大事なキャストになろう

給率については分かりましたでしょうか?

自分が働いているお店に貢献をしなくてはいけないのは、キャバクラやナイトワークでなくても全ての仕事で共通して言える事ですね。

しっかりと成績を出してお店に利益をもたらす事が出来れば、お給料も上がりお店にとって欠かせない大切なキャストになる事が出来ます。
そうするとお給料だけでなく、融通を利かせて貰えたり、様々な面でお店や黒服の方がよくしてくれたりする事もあります。

給率を良くして、そのお店で欠かせない人気のキャストさんになる事を目指して頑張りましょう。

その他のお給料システムについて

ポイント制

ポイント制が合っている方
・お客様の単価よりも組数で勝負したい
・初心者で太いお客様を掴む自信が無い

ポイント制は、指名(本指名、場内指名)や同伴などの成績がポイントになり、そのポイント数に応じて時給がスライドしていくというシステムです。

例えば、本指名2P、場内指名1P、同伴2P、というような形でポイントが設定されて、1ヶ月や半期毎(半月)でのポイントのトータル数で時給が決まるというようなお給料システムです。

その為、お客様の売上金額はお給料に影響してこないので、太いお客様を掴む自信がなかったり、お客様の単価よりも組数で勝負したいうような方にお勧めのシステムとなっています。

売上制

売上制が合っている方
・お客様をどんどん掴んで売上を上げていきたい方
・組数は少ないけど単価の高いお客様が多い方

売上制は給率と似たようなシステムで、その月や半期毎でお客様トータルの売上金額によってお給料が変わるというようなシステムです。
給率システムと違う点は、自分のお給料は反映されない為、純粋に売上金額により、お給料が変動するという仕組みです。

ポイント制と違って、売上の金額が直に反映するので給料変動も大きくなりやすいのが特徴です。

売上折半

売上折半が合っている方
・毎月ある程度確定した大きい売上がある方

売上折半とは、字の通りお店とキャストさんで売上を折半するというシステムです。

1ヶ月で150万の売上を上げた場合はキャストさんが貰えるお給料としては単純計算では、75万円になりますね。
しかし、お店によってボトル金額の原価を引く所があったりして、これを「原価引き」というのですが、これがあるとボトル金額の原価は合わせず利益額から折半する形になるので女性の取り分としては少なくなるような形になります。

売上折半で働く場合は、お店からも説明があると思いますが、ボトルの原価引きが有るのか無いのかも確認する事が必要でしょう。

お給料システムには基本4つのシステムがある

これまで説明したように、キャバクラでのお給料システムは基本的に「給率制」「ポイント制」「売上制」「売上折半制」の4つのシステムから成り立っています。

自分に合ったお給料システムの働き方をする事で、効率よく働く事が可能です。
どのシステムが自分に合っているのか良く考えて、お店を決めてみましょう。

どのお店がいいか分からな方は、是非The Night Agencyにご連絡ください。

 

The Night Agencyでは働く店舗を探している女性へ、希望条件に合う店舗、本人にマッチングする店舗をピックアップしてご紹介しています。

責任を持って担当スタッフが対応させて頂きますので、是非下記LINE@からご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. ガールズバーのお給料や時給について徹底解説 どれくらい稼げる…

  2. 求人サイトは嘘ばかり?キャバクラや会員制ラウンジの誇大広告の…

  3. キャバクラとラウンジはどっちが稼げるの?自分に合う働き方をし…

  4. 会員制ラウンジで働く女性のレベルはどのくらい?

  5. 各エリア毎のそれぞれの特徴を解説 六本木や銀座、恵比寿、西麻…

  6. 会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ

ブログ一覧