会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ

会員制ラウンジやキャバクラの面接はどうやったら受かる?

どうすれば面接に受かるのか

会員制ラウンジやキャバクラの面接に行ったけど不採用になってしまった、まだ面接には行ってないけどこれからいく予定があってどうすれば受かるのか知りたい、という方は多くいるかと思います。

会員制ラウンジやキャバクラは世間一般的に考えても、可愛かったり、綺麗な方が働いているイメージですよね。

その為、「可愛い人しか受からないんじゃないか」「自分なんて」と行く前から自信がなくなってしまう場合もあると思います。

そんな方へ向けて、これまで数多くの面接を担当してきたThe Night Agencyが面接の時には何に注意すれば良いのか、どうすれば面接に受かる事が出来るのか、を解説していこうかと思います。

会員制ラウンジについて良く分からないという方はこちらの「会員制ラウンジとは?初心者の方へ向けて会員制ラウンジを詳しく徹底解説」の記事をご覧ください

ラウンジやキャバクラの面接はハードルが高い

まず、大前提としてキャバクラやラウンジの面接はハードルが高いです。

特に、六本木や銀座、恵比寿、西麻布、新宿歌舞伎町など東京の高級店が存在する都心のエリアのお店は非常に採用基準が高いです。
その為、もし面接に落ちてしまっても、「落ちて当たり前」ぐらいの感覚で臨みましょう。

面接に落ちてしまうと落ち込んでしまうと思います。
しかも、ラウンジやキャバクラなどの容姿が大きく影響するようなお仕事で不採用になってしまったら、自分の容姿を否定されてしまったような感覚になってしまいますよね。

しかし、面接は想像以上に他の人も不採用になっていて、高級店になればなるほど採用になる場合の方が少ないです。
なので、もし自分が面接に落ちてしまっても気にしないように、自分には合わなかったんだな、と思って切り替えましょう。

ラウンジとキャバクラはどちらがハードルが高い?

次にラウンジとキャバクラはどちらが面接のハードルが高いか、ですが、やはりラウンジの採用基準は非常に高い水準となっています。

採用基準の高さの比較
ラウンジ>キャバクラ

一般的に世間で可愛いと言われている方でも、何店舗面接に回っても受からないというような事は日常茶飯事です。
お客様の男性からすると、会員制ラウンジは普段日常で出会えないような綺麗な女性を求めてお店に来る訳ですから、「普段街で見かけるような可愛い子」ではそのお店のレベルに合わなくなってしまうのです。

普段街で見かけないような、モデルや芸能活動をしている女性などがその狭き門をくぐり抜けて行きます。
しかし、中には採用基準の緩めなラウンジもあるので、モデルや芸能活動をしているくらい綺麗な方だけしか採用にならないという訳ではありません。

また、一般的な平均なのでラウンジよりも採用基準の高いキャバクラもありますが、基本的にはラウンジの方がより採用基準は厳しいんだなと認識をしておきましょう。

面接の際に気を付けること

髪、服装の雰囲気をしっかりと仕上げていく

見た目のポイントですが、雰囲気を良くしていく事は非常に重要です。

髪型、服装をしっかりと仕上げて面接に臨みましょう。
過去にも実際にありましたが、仕事帰りでスーツだったり、カジュアル過ぎる服装などは印象が良くないです。

なぜかと言うと、可愛く綺麗な女性らしい雰囲気の方が受けが良いと言うのは勿論、あまりにもラフな格好など仕上げていない服装だと面接する店舗の方も働いた時のイメージがし辛いと言う点があります。

髪はヘアセットをしていく、服装は実際に働く時と同じような服装、もしくは近い服装にする、と言う点はマストで臨みましょう。

明るく、愛嬌良く

髪や服装の見た目を仕上げたら次は内面です。

明るく、愛嬌のある女性はとても魅力的で男性からも好かれます。
面接官受けが良いと言う点、実際にお客様にも気に入られそうとお店の方も判断をしやすい点から面接時の好材料となります。

仮に見た目の面などで少しマイナスな部分があったり、お店に合わないと判断されるようなケースでも愛嬌がすごく良かったからと採用になるケースも実際にあります。
見た目のポイントを覆てしまうほど、「愛嬌」とは最強の武器となります。

愛嬌とは何か、と言うとずばり「笑顔」です。
緊張してしまう事は仕方がないですが、終始笑顔がなかったりするとあまり愛嬌が良くないなと判断されてしまい、不採用になってしまうケースもあります。

笑顔を意識して面接に臨みましょう。

頑張る姿勢を見せる

次は働く際の仕事に対する意識です。

いくら見た目が良いいからと言って、仕事に対しての姿勢が見られないと不採用になってしまいます。

時給だけ貰えればいいや、では無くしっかりとお客様を呼ぶ事や、新規のお客様を掴んでいけるように頑張る姿勢を伝えるとやる気のある、ちゃんと仕事をしてくれそうな子だなと思ってもらえて、印象が良くなります。

過去の時給や実績等は盛らない

次は、嘘はつかないと言う事です。

当たり前かもしれませんが、過去に働いていた店舗で働いていた時給などを高く盛らないと言う事です。

実際の時給よりも高く言っても、お店の人はある程度その子がどれくらいの時給帯で働いていたのかは分かります。
毎日何人もの女性を見たり、お店の女性の時給を決定しているので以上に高い金額を言ったとしても、「この子は嘘をついているな」と分かるものです。

その為、前店でのお給料や時給などは正直に伝えましょう。

自分に合ったお店に面接に受けにいく

最後は自分の適性に合った店舗に面接に行くと言う事です。

自分とカラー、系統が違うお店に行ったり、自分と合わないようなお店にばかり行っても不採用になってしまい時間の無駄になってしまいます。
自分に合ったお店の面接を受けに行きましょう。

とは言ってもどこのお店が自分に合うかなんて中々わからないですよね。
実際に自分で選んだお店がベストな店舗になる事は中々無く、数多くのお店がある中でそのような店舗を選ぶのは至難の業です。

その為にThe Night Agencyのような人材紹介サービスや求人サイトがあるのです。

The Night Agencyでは、その方の希望や条件をお聞きして希望に沿う形でその方に合う店舗をご紹介する事が可能です。
自分に合う店舗が分からないと言う方は、是非LINEの方からご連絡お待ちしています。

面接時に良くある失敗例

希望時給を高く言いすぎてしまう

面接時に良くある失敗例として1つが希望時給を高く言いすぎてしまうという事が挙げられます。

これは、過去の時給や実績を盛らないという事に通じますが、希望時給を自分に見合っていない金額を言ってしまい、不採用になるというケースです。
もう少し低い金額の妥当な希望であれば採用になったのに、当然ですが、希望が高すぎると不採用になってしまう場合もあるという事です。

このようにどのくらいの金額がベストな金額か分からない場合は、紹介業者に相談してみる事が解決方法の一つと言えるでしょう。

他店舗と掛け持ちをしたいと言ってしまう

面接時に良くある失敗例2つ目は、今働いている店舗と掛け持ちをしたいと言ってしまうという点です。

お店としては、掛け持ちはどこの店舗でも基本はNGとされています。

理由としては、掛け持ちをしている店舗間でお客様が動いてしまいトラブルになる為です。
その為、特別な理由が無い限りはお店としては掛け持ちの採用をする事はほぼありません。
掛け持ちは辞めて、どちらか1店舗でしっかりと働くようにしましょう。

会員制ラウンジやキャバクラの面接はハードルは高いが採用率を上げる事は可能

このように面接の採用率を上げるには、色々な要素があります。

実際、面接のハードルは高いですが、面接にいく前にしっかりと気を付ける点を意識すれば採用率も上がるのでこれから面接に臨む方は意識をしてみましょう。

The Night Agencyでは働く店舗を探している女性へ、希望条件に合う店舗、本人にマッチングする店舗をピックアップしてご紹介しています。

責任を持って担当スタッフが対応させて頂きますので、是非下記LINE@からご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. 会員制ラウンジとは?初心者の方へ向けて会員制ラウンジを詳しく…

  2. The Night Agencyのサイトコンセプト「嘘偽りの…

  3. 会員制ラウンジで働く女性のレベルはどのくらい?

  4. クラブとキャバクラとラウンジの違いって何?違いについて詳しく…

  5. ガールズバーでバイトをしてみよう ナイトワーク未経験者にお勧…

  6. 各エリア毎のそれぞれの特徴を解説 六本木や銀座、恵比寿、西麻…

ブログ一覧