ガールズバーのお給料や時給について徹底解説 どれくらい稼げるの?

ガールズバーの時給やお給料は?ガールズバーって実際にどうなの?

ガールズバーはナイトワークの中で最もハードルが低い

ガールズバーというと、皆さんはどのようなイメージを持っていますか?
カウンター越しにお客さんとお酒を飲んで接客をする、というようなイメージが一般的だと思います。
ガールズバーは実際に女性が働くナイトワークのお仕事の中で最もハードルが低いお仕事だと言えます。

キャバクラやラウンジはお客様の隣に座って接客をしなくてはいけないですし、ノルマペナルティもあります。

風俗店はもってのほか、性サービスになる為、心身共に負担の大きなお仕事ですよね。

その中でもガールズバーはカウンター越しの接客で、お客様からのボディタッチも無く、会話やお酒を飲んで接客するだけノルマやペナルティも無し、ナイトワーク未経験の女性には非常に人気の高いお仕事となっています。

でも実際にガールズバーで働いたら時給はいくらなのか?

1日働いたらいくらくらいが手取りで貰えるのかは経験者でないと分かりませんよね。

そんなガールズバーに興味はあるけどまだどれくらいのお給料が貰えるのか分からないという方に向けてガールズバーの時給相場やお給料について解説していきます。

ガールズバーについて、時給やお給料だけではなく総合的に見た場合のガールズバーのバイトについて詳しく知りたいという方は、「ガールズバーでバイトをしてみよう ナイトワーク未経験者にお勧め」の記事を参考にしてみてください。

ガールズバーのお給料はいくらくらい?

ガールズバーの時給

では、本題のガールズバーのお給料や時給がどれくらいなのかをここから解説していこうかと思います。
下記を参考にしてみてください。

時給相場…1,500円〜2,000円
未経験者…1,500円〜1,800円
経験者や高評価の女性…2,000円前後

まず時給の金額を説明すると、ガールズバーの時給は1,500円〜2,000が一般的な相場と言えます。

未経験や入店したスタートは1,500円〜1,800ほどが多く、経験者やその女性次第で、2,000円前後の時給が出ることもあるというような感覚です。

この金額を聞いて高いと思うか低いと思うかは人それぞれですが、一般的にはこれくらいの金額だと言えるでしょう。
通常のバーで働くよりかは少し高い金額というようなイメージですね。

ガールズバーのバック金額

次にバック金額です。

バックとは、指名や同伴をした時、お酒を飲んだ時に貰える、時給とは別のインセンティブのお給料の事を指します。

本指名バック、場内指名バック、ドリンクバック、同伴バック、小計バックなどがあります。
それぞれ字の通り、本指名を貰った時、場内指名を貰った時、ドリンクを飲んだ時、同伴をした時、小計(お会計)が発生した時にバックが発生します。

それぞれどのくらいが相場かを解説していこうかと思います。

ガールズバーのバック金額例
・本指名バック
…500円
・場内指名バック…250円
・同伴バック…1,000円〜3,000円
・ドリンクバック…200円前後
・小計バック…10%

バック金額はおおよそこのくらいの金額になっている事が多く、キャバクラなどと比べると料金も比較的安い為、バック金額も安くなっています。

しかし、通常のバイトなどでは発生しないインセンティブがあるのは夜のお仕事ならではでやりがいもあるのでは無いでしょうか?

ガールズバーの1日の手取り日給

ガールズバーの一般的な時給やバック金額あるという事を説明させて頂きましたが、では1日通して働いた場合の手取り日給はどれくらいになるの?という疑問もあるかと思います。

実際には働いた日給から引かれる税金分というものもあるのでそのあたりも含めて計算する事が必要です。

またガールズバーはキャバクラやラウンジなどと違って風営法上、届出を出していれば深夜帯の営業が認められている為、キャバクラやラウンジと違い朝まで働く事で長時間の時給分を稼ぐ事が可能な点がメリットとして挙げられます。(キャバクラやラウンジは風営法上0:00までの営業、一部エリアに関しては1:00まで)

まずガールズバーの営業時間ですが、よくある営業時間は20:00前後〜5:00前後までの営業時間なので、おおよそとして10時間の営業で計算をしてみましょう。

また時給に関しては平均当たりの1,700で計算をして、1日に本指名のお客様が1人来店してお会計の小計が8,000円、場内指名も別で1本取れたとしましょう。

営業時間や時給、バック金額、引かれ物の観点も踏まえて実際に計算してみましょう。

計算式はこのようになりますね。

ガールズバーの日給手取り例
1,700円(時給)×10(時間)
+500円(本指名バック)+800円(小計バック)+250円(場内指名)
-10%
=16,695

1日フルで働いた場合のお給料例の一つがこのような形になります。

ドリンクバックは入れなかったのでドリンクなども飲んだ場合は17,000円ほどが手取りで貰えるような金額になる事が分かるでしょう。

やはり夜のお仕事になる為、通常のアルバイトなどと比べると高いお給料が貰えるアルバイトという事が出来ます。

ガールズバーをキャバクラと比較した時のお給料面のメリット

時間が長い為、長時間働く事で稼げる

ガールズバーは、やはり営業時間が非常に長いです。
キャバクラでは基本的に5時間程度の勤務ですが、ガールズバーはその倍近くの時間働く事も出来てしまいます。

その為、いくらキャバクラよりも時給が安いとは言え、1日の手取りでいくとガールズバーの方が高くなるケースもあります。
時間にある程度余裕のある学生の方や、フリーターの方はガールズバーで長時間働いて稼ぐ事も出来ると言えるでしょう。

引かれものが少ない

またガールズバーで働く上でのお給料のメリットとしては引かれものが少ないという点が挙げられます。

キャバクラだと基本的には、税金10%、ヘアメイク代1,500円、送り代1,000円、更には厚生費などという引かれ物も存在して諸々引かれると意外と手取りの金額は少なかったりします。

しかしガールズバーはヘアメイクも無し、送りも無し、厚生費等も基本的には無しの店舗が多い為、引かれ物が非常に安く済みます。
その為、1日の手取り金額が残りやすいと言えるでしょう。

ガールズバーをキャバクラと比較した時のお給料面のデメリット

時給が安い

ガールズバーとキャバクラを比較した時のお給料のデメリットとしては、やはり時給の安さになるでしょう。

キャバクラであれば引かれ物が多かったり、営業時間が短かったりする所はありますが、時給は都内の一般的なキャバクラであれば4,000円前後は出る為、時給面の事を考えると、ガールズバーは1,500円〜2,000円ほどにはなるので、長時間勤務をしないとある程度稼ぐ事は出来ないでしょう。

ガールズバーの時給や手取りのお給料事情まとめ

時給はキャバクラよりも低いが長時間働けて引かれものも少ない

ガールズバーのお給料事情をここまで解説してきました。

いかがだったでしたでしょうか?

ガールズバーのお給料事情をまとめると下記のような形になるかと思います。

ガールズバーのお給料事情まとめ
・キャバクラよりも長い時間働ける為、時間で稼げる
・キャバクラと比べると引かれ物が少ない為手取りが残りやすい
・時給は安め
・各種バックもある

ガールズバーで働こうか考えている方に少しでも分かりやすく時給やお給料事情が伝わればなと思います。

 

The Night Agencyでは働く店舗を探している女性へ、希望条件に合う店舗、本人にマッチングする店舗をピックアップしてご紹介しています。

責任を持って担当スタッフが対応させて頂きますので、是非下記LINE@からご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. The Night Agencyのサイトコンセプト「嘘偽りの…

  2. 会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ

  3. 給率とは?キャバクラのお給料計算を分かりやすく解説

  4. 求人サイトは嘘ばかり?キャバクラや会員制ラウンジの誇大広告の…

  5. キャバクラとラウンジはどっちが稼げるの?自分に合う働き方をし…

  6. 会員制ラウンジとは?初心者の方へ向けて会員制ラウンジを詳しく…

ブログ一覧