キャバクラとラウンジはどっちが稼げるの?自分に合う働き方をしよう

キャバクラとラウンジはどちらが稼げるのか

キャバクラとラウンジはシステムは似ている

女性が働く水商売のお仕事としては、キャバクラ、ラウンジ、ガールズバー、高級クラブなどがあります。
その中でもある程度中心的になってくるのはキャバクララウンジが多くなってくるかと思います。

ガールズバーは時給も安くちょっとしたお小遣い稼ぎに学生が働くようなもので、高級クラブはママもいて少し敷居が高くなる為、キャバクラかラウンジの2択になる方が多いののではないでしょうか?

でもキャバクラとラウンジはどちらが稼げるのかは意外と分からない方も多いかと思います。
The Night Agencyの担当スタッフも過去にそのような質問を女性から受けた事があります。

今回はその疑問について、キャバクラとラウンジどちらが稼げるのか、またその理由について解説をしていきます。

会員制ラウンジについて詳しく分からない方はこちらの「会員制ラウンジとは?初心者の方へ向けて会員制ラウンジを徹底解説」の記事で解説していますので参考にしてみてください。

結論はキャバクラの方が稼げる

まず最初に結論を言ってしまうと、稼げるのは「キャバクラ」です。

一般的なイメージとしてもラウンジは緩くは働く事が出来るイメージですよね。
その為、キャバクラの方が稼げるんじゃないかと思っていた方も多いと思います。

簡単に言ってしまうとそのイメージ通りで、ラウンジは緩く働く事が出来るようになっている分、お給料の稼ぎとしてはキャバクラと比べて稼ぎ辛いようなシステムになっているのです。

ではその理由について詳しく解説をしていきます。

キャバクラの方が稼げる理由

基本時給が高い

まずキャバクラの方が、ラウンジと比べて稼ぎやすいようになっている理由の一つ目として、「基本の時給がラウンジの方が高くなっている」事が挙げられます。

ラウンジの時給相場は一般的に4,000円〜と言われていますが、例えばラウンジで時給がスタート4,000円くらいの女性であれば、キャバクラで5,000円ほどになるといったイメージです。
先程も言った通りラウンジは緩く働けるようなシステムになっている為、基本の時給がキャバクラよりも低めの設定となっています。
ラウンジはノルマも無いので売上を上げられなかったからと言って時給が下がる事はありません。

その為、最初から時給が抑えめになった金額となっているのです。

お給料の還元システムがキャバクラの方が高い

理由の2つ目としては、「お給料の還元システムがキャバクラの方が高い」からです。

キャバクラとラウンジのお給料システムで大きく違う点は、時給のスライドがあるか無いかと言えます。
ラウンジでも中にはスライドシステムを作って売上に応じて時給を上げるような店舗もありますが、数としては少ないです。

また、あったとしてもそのスライドの仕方が小さめになっている訳です。

ラウンジだと売上を上げた場合、基本的に小計バックとして10%〜20%ほどが還元されるようになっていますが、このバックがあるだけです。

対してキャバクラは、この小計バックに加えて、時給そのものがスライドするようになっているので売上を上げていくとベースのお給料自体もどんどん高くなっていきます。
その為、お客様をどんどん掴んで売上を上げて稼いでいきたいという方はラウンジよりもキャバクラで働いた方が無駄がなく効率良く稼げる事が出来ると言えるでしょう。

出勤が沢山出来る

3つ目の理由としては、「出勤が沢山出来る」という事です。
ラウンジは自由出勤制となっている為、お店も女性の在籍人数をある程度増やさないといけません。在籍人数が増えてくると自分が出勤をしたい日に思うように出勤が出来ないというようなケースが出てくるのです。

これを「出勤調整」と言います。

キャバクラでもたまにそのような事もあるかもしれませんが、ラウンジほど多くはありません。
ラウンジのデメリットとしてもこの出勤調整というものがありますね。

ラウンジはこの出勤調整がある為、出勤数によってもキャバクラの方が稼ぎやすいという事が出来るのです。

自分に合った方で働く事がお勧め

キャバクラの方が稼げるからと言ってラウンジが悪い訳では無い

ここまでキャバクラの方が稼げる理由を解説してきましたが、キャバクラの方が稼げるからと言ってラウンジを否定している訳ではありません。

ラウンジはお給料面こそキャバクラに劣るかもしれませんが、自由出勤、私服勤務、ノルマペナルティ無しと非常に緩く、融通の効く環境で働く事が可能です。
何事もそうですが、物事には一長一短があります。

その為、全てにおいて片方が悪いという事はなく自分の状況やどのような目的で働くのかによってどちらがより合った働き方をできるかを考える事が重要でしょう。

自分の目的に合った働き方をしよう

どの業種で働くかは、その方がどのような理由、目的で働こうとしているかが非常に重要になってきます。

お昼の仕事をしていて忙しいから少しだけ夜の仕事をして稼ぎたいのか、何か事情があり大きなお金を稼がなくてはいけないのか、前者であればラウンジ、後者であればキャバクラが合っている働き方と言えるでしょう。

今回はキャバクラとラウンジという大枠での比較でしたが、これはラウンジやキャバクラそれぞれ店舗の比較でも同じような事が言えるケースがあります。

お客様を沢山持っていて売上を上げる事が出来るのに、小計バックも出ない、または少ないラウンジで働いているというような方も過去にいました。

ラウンジやキャバクラも各店舗それぞれ強みを出してその店舗ならではの待遇をとっている事が多いです。
高時給を出す店舗、指名バックを高還元する店舗、売上の小計バックを高還元する店舗、などなど。

太いお客様を作るのが得意なのに小計バックの還元率が低い店舗で働いていたら勿体ないですよね。
自分が得意とする接客に合うシステムを取り入れている店舗で働く事も大事だと言えます。

今回のまとめとしては、「キャバクラとラウンジで稼げるのはキャバクラだが、自分がどのような目的で働くのかをしっかりと把握してどちらがより合った働き方が出来るのかを理解した上で決める事が重要」という事が出来るでしょう。

The Night Agencyでは働く店舗を探している女性へ、希望条件に合う店舗、本人にマッチングする店舗をピックアップしてご紹介しています。

責任を持って担当スタッフが対応させて頂きますので、是非下記LINE@からご連絡お待ちしております。

関連記事

  1. ガールズバーでバイトをしてみよう ナイトワーク未経験者にお勧…

  2. 求人サイトは嘘ばかり?キャバクラや会員制ラウンジの誇大広告の…

  3. 各エリア毎のそれぞれの特徴を解説 六本木や銀座、恵比寿、西麻…

  4. 会員制ラウンジやキャバクラの面接に受かるコツ

  5. クラブとキャバクラとラウンジの違いって何?違いについて詳しく…

  6. 給率とは?キャバクラのお給料計算を分かりやすく解説

ブログ一覧